2011年07月21日

茂原七夕まつりで「中房総の観光と味と物産展」を開催します。

平成23年度の茂原七夕まつりは、第57回目を迎えます。

H23茂原七夕チラシ.jpg

私どもNPO法人 長生地域まちづくりステーションでは、茂原七夕まつり実行委員会様に新しいプログラム・メニューを提案させていただき、下記のとおり『中房総の観光と味と物産展』を開催させていただけることになりました。

これは、茂原市はもちろん、長生地域、そして広く、平成25年3月にはアクアラインから市原・茂原・東金間の圏央道開通が見込まれることから、圏央道の経済波及エリアである中房総地域の観光振興と広域観光ネットワークの形成推進を目的に開催いたします。

是非、ご来場賜りますよう、お待ち申し上げます。

『中房総の観光と味と物産展』

●日時 平成23年7月22日(金)、23日(土) 10時より19時
●会場 茂原商工会議所西隣に接する道路 案内図はこちらをご覧ください。

●参加市町村 
   茂原市  一宮町  長生村  白子町  長柄町  長南町
   東金市
   勝浦市  いすみ市  大多喜町  御宿町
   市原市

●店舗配置図 こちらの茂原七夕まつり「中房総観光物産展配置図」.pdfをご覧ください。

 

【関連する記事】
posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 08:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

茂原七夕まつり「中房総の観光と味と物産展」調理飲食物出店者の皆様へ

H23茂原七夕チラシ.jpg

このたびの第57回茂原七夕まつり「中房総の観光と味と物産展」にご協力いただけます市町村、並びに出店者の皆様には心より感謝申し上げます。


いよいよ七夕まつりは来週、7月22日(金)より開催されます。
私どもNPOでも、警察や保健所への届け出など、最後の詰めをしているところです。

以下、調理飲食物提供の皆様には書類提出にご協力を賜りますようお願い申し上げます。



1.書類の提出期限・・・7月20日()午前中(厳守)
   
※午後に保健所に提出します。
    ※書類提出先
    〒297-0037 茂原市早野2531-4
    NPO法人 長生地域まちづくりステーション
    FAX:0475−23−9499
  ※お問合せは080−4113−9494まで。

2.調理物提供に係る諸注意は下記のとおり
  ※併せて「模擬店開催時の注意事項.pdf」をお読みください。


 1.提出書類
(1)  食品営業許可・食品製造許可をお持ちの方で、当日は模擬店扱いで出店なさる方。
●それぞれの許可証の写し
●模擬店の開設届(模擬店の開設届(出店者作成).pdf)
●調理従事者名簿(調理従事者名簿・調理場等の平面図.pdf)
●従事者の直近の検便(O-157)検査結果の写し(1年間有効)
●調理場等の平面図(当日のテント内レイアウト図のみ) 

(2)  移動営業許可をお持ちの方
●移動営業許可証の写し
●模擬店の開設届(模擬店の開設届(出店者作成).pdf)

●調理従事者名簿(調理従事者名簿・調理場等の平面図.pdf)
●従事者の直近の検便検査結果の写し(1年間有効)
※調理場等の平面図は不要

(3)  一般の模擬店扱いによる出店者
●模擬店の開設届(模擬店の開設届(出店者作成).pdf)
●調理従事者名簿(調理従事者名簿・調理場等の平面図.pdf)
●従事者の検便検査結果の写し(1か月以内)
●調理場等の平面図(下処理調理場のレイアウト図)
●調理場等の平面図(当日のテント内レイアウト図)
※調理場等の平面図が2枚(2種類)必要になります。
 


2.調理物提供に係る諸注意
(1)食中毒は絶対に出さないようにお願いします。
(2)原則、ご飯ものは不可。
(3)事前調理物は、調理後速やかに10度以下に温度を下げて冷蔵庫等に保管、当日は10度以下の低温を維持したままクーラーボックス等に入れ、会場に運び込む。できれば真空パック等が望ましいとのことです。
(4)会場では低温を保ったままクーラーボックス、あるいは冷蔵庫・冷凍庫に保管。温度計で温度管理をすること。
(5)温めて出すものは、十分に火を通すこと。
(6)氷を添えて出す場合の氷は市販のものに限る。
(7)手洗い励行。手洗い用の水および殺菌力のある石鹸等を用意する。使い捨てのビニール手袋の使用が望ましい。
(8)当日、体調のすぐれない方は調理等に携わらないこと。
※水は茂原商工会議所の水道水がお使いになれます。


ひらめき 七夕まつりのチラシは、こちらの「H23茂原七夕まつり.pdf」をご覧ください。

posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 07:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

出店者募集 茂原七夕まつりで中房総エリアの味と物産展「中房総は観光の宝庫 味と物産、お宝大発見!」を開催します。

NPO法人 長生地域まちづくりステーションでは、第57回茂原七夕まつりにおいて、「中房総は観光の宝庫 味と物産、お宝大発見!」と称して中房総地域の観光と味と物産を広くアピールする催しを開催します。

ただ今、13の市町村様にご協力を仰いで企画を進めているところです。
去る6月8日(水)には茂原市役所会議室において市町村担当者会議を開催させていただきました。

なかぼうそう会議.JPG

各市町村様には、それぞれ所管ごとの魅力をアピールするためのコーディネートをしていただいておりますが、当企画を一般の多くの皆様にもお知りいただき、ご協力を賜りたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ぴかぴか(新しい)時計 当企画では、中房総エリアの個人事業者様、各種団体・NPO様から直接の参加申し込みも、併せて募集しておりますので、奮ってご参加ください。

【開催趣旨】

圏央道のアクアラインから茂原・東金までの開通が目前であることから、中房総エリアに年間を通じて都心からの観光客を誘致するための仕組みづくりが急がれています。

このため、3日間で80万人以上の観光客があるとされる茂原七夕まつりにおいて中房総エリアの観光と味と物産をアピールする機会を設けることにより、行政と地元事業者と各種の団体・個人(市民)が一体となって当エリアの観光を振興させるための仕組みづくりを促進させることができるものと考え、企画させていただきました。私共は、今後の観光振興にはネットワーク化が重要であると考えています。

また、参加市町村様への夏から秋にかけての観光客が増加することを意図して開催するとともに、
茂原七夕まつりの来客者には、中房総の魅力をお楽しみいただき、さらに来年の七夕まつりのリピーターが増加することを願って開催いたします。

 ※「中房総」とは、全国の皆様が、房総半島の中ほどにあるエリアであると容易にイメージできるように作られた言葉です。中伊豆や北東北(青森・岩手・秋田県)と同じです。
歴史的名称の「上総(かずさ)」では全国に伝わらないのではと判断しました。

【開催日時】
平成23年7月22日()〜7月23日() 10:00〜19:00
(なお、今年の茂原七夕まつり自体は、22日〜24日の3日間開催されます。毎晩19時終了となります。)

【会 場】
  茂原商工会議所の西側に隣接する幅広い道路  ← 会場案内図
(交差点から交差点までの延長150 メートル)

会議所わきの大通り 021.JPG 会議所わきの大通り 023.JPG
※起点               ※終点方向を望む

会議所わきの大通り 027.JPG 会議所わきの大通り 026.JPG
※起点方向を望む        ※茂原商工会議所

会議所わきの大通り 029.JPG 会議所わきの大通り 036.JPG
※終点方向を望む        ※終点

会議所わきの大通り 034.JPG
※終点
 

【参加予定自治体】
長南町・長柄町・茂原市・睦沢町・一宮町・長生村・白子町
勝浦市・いすみ市・大多喜町・御宿町
市原市
東金市(東金商工会議所)
※今回、大網白里町と九十九里町は他の行事と重なり、残念ながらご参加いただけません。

 
晴れ【出店者の範囲】
1)中房総地域に店舗を構える事業者様 (露天商の方は除く) 

⇒ 味と物産の販売(ご当地ならではの食・グルメの提供、農林水産物・同加工品、菓子・みやげ類のほか、陶器、木工製品、装飾品、染織・ファッション製品、その他地元工業製品も含む)

⇒ 露天商の取扱い品とバッティングしないこと。(焼きそば・たこ焼き・お好み焼き・串焼き・フランクフルト・じゃがバター・フライドポテト・大判焼き・クレープ・綿あめ・リンゴ飴・チョコバナナ等。)

2)当地域の魅力(食、物産、観光、文化、環境、地域間交流、定住化促進)を発信することを活動内容としている各種の団体様。

ひらめき 出店のお申し込みは、こちらのぴかぴか(新しい)「中房総の観光と味と物産展」参加申込書.pdf に必要事項ご記入の上、お申し込みください。

ひらめき【申し込み期限】 平成23年7月2日(土)
                                 
■送付先:FAX:0475−23−9499
     〒297-0037 茂原市早野2531-4
     NPO法人 長生地域まちづくりステーション



 かわいい模擬店として参加なさる方は、ぴかぴか(新しい)模擬店開催時の注意事項.pdf を熟読ください。
   この場合、事前に検便検査をしてその結果を7月8日()までに送付願います。
  1)
出店者名
  2)
連絡先
  3)
取扱い商品名    
  4) 検便検査結果(検便検査の実施曜日は保健所にお問合せください。

かわいい模擬店扱いが不適当な場合の出店形態

      1) 食品営業許可証(簡易な飲食営業等千葉県内一円)をお持ちの方が出店される場合は当日、許  可証のコピーをご持参ください。また、キッチンカーでの出店者は飲食移動営業許可証のコピーを当日、ご持参ください。

2) これから食品営業許可証(簡易な飲食営業等千葉県内一円)を取得される出店者は、平成23年7月15()までに許可取得すること。

3) 菓子、農林水産加工品等のみやげ品を製造し、販売される事業者は、食品製造にかかる許可証のコピーを当日、持参ください。

かわいいその他の注意事項
  1)    過去2年間に食中毒の事故歴がないこと。

   2)    店頭で調理物を提供する出店者は、当日、食品衛生責任者がいること。


ひらめき【出店申し込み】
● 出店料は2日間で 4,000円を申し受けます。23日(土)のみの出店の場合は 3,000円申し受けます。

● 2メートル角程度のテント、机・椅子をご用意ください。なお、飲食を提供される方は、お客様用に椅子・テーブルを用意されても結構です。

● テントのない方には、無償にて貸し出します。机・椅子はご用意ください。

● 持ち込まれるテントが幾分大きい場合はお知らせください。配置スペースを調整します。

● 水は茂原商工会議所からポリタンク等でお運びください。

● 電源が必要になる場合は6月26日(日)までにご相談ください。


ひらめきお問い合わせ、および事前申し込みは ⇒
こちらまでどうぞ。 
(大柿) 080-4113-9494 ・・・ 平日の場合は18時以降にお願いします。水・土・日は終日可。

車(RV)昨年8月に当NPOが開催した「圏央道フォーラム」の様子は
こちらからご覧いただけます。観光振興が大きな課題となりました。


イベント 以下の写真は、昨年の茂原七夕まつり、土曜日の様子です。

●茂原駅改札口を出て七夕まつり見物に向かう観光客。
七夕スタート.JPG

IMG_7632七夕.JPG

IMG_7650七夕.JPG

IMG_7663七夕.JPG

IMG_7680七夕.JPG

IMG_7681七夕.JPG

IMG_7690七夕.JPG

IMG_7696七夕.JPG

IMG_7701七夕.JPG

IMG_7709七夕.JPG

IMG_7717七夕.JPG

ひらめきこの交差点の左側の道路が「中房総の観光と食と物産展」の会場となります。
IMG_7719七夕.JPG

ひらめきこちらの道路が「中房総の観光と食と物産展」の会場となります。路上にテントを張ります。
IMG_7720七夕.JPG

ひらめきこの付近も人通りがたくさんありますので、大勢の来店が見込まれます。
IMG_7722七夕.JPG

IMG_7730七夕.JPG

IMG_7735七夕.JPG

IMG_7744七夕.JPG

●駅前郵便局前の交差点です。例年、夕方から一層混んできます。
IMG_7767七夕.JPG

IMG_7768七夕.JPG

IMG_7774七夕.JPG

IMG_7784七夕.JPG

●ここは茂原駅前(南口)です。
IMG_7792七夕.JPG

IMG_7794七夕.JPG

IMG_7805七夕.JPG

IMG_7835七夕.JPG


posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 09:43| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

茂原市民会館で、日本通運 presents 由紀さおり・安田祥子ファイナル・ツアーコンサート 〜ありがとう25年〜 を開催します。

下記によりましてコンサートを開催します。お誘いあわせの上、ご来場ください。

長生地域を元気に! そして東日本大震災被災地を支援!

日本通運 presents 由紀さおり・安田祥子
Songs With Your Life Concert
ファイナル・ツアー

〜ありがとう25年〜

sy-sy-ss.jpg


平成23年8月27日(土)  14時30分開場  15時00分開演
茂原市民会館 (茂原市役所前 電話:0475-22-5072)

全席指定 S席/5,000円  A席/4,000円 (未就学児童の入場は不可)

《プレイガイド》 ひらめき 6月4日(土) 前売りチケット発売開始
ヤスカワ イオン茂原店 電話:0475-25-0019 (ジャスコ茂原店3階)
晶光堂  アスモ店     電話:0475-23-8585  (茂原ショッピングプラザアスモ2階)
茂原市東部台文化会館 電話:0475-23-8711
茂原市役所生涯学習課 電話:0475-20-1559 (茂原市役所9階)


プレゼント 収益金は、東日本大震災被災地へ復興支援金として寄付させていただくとともに、平成24年度の茂原市制施行60周年記念事業として取り組みが計画(企画中)されている、市民参加による仮称、「美しい茂原公園再生プロジェクト」に寄付させていただきます。

■主催
 NPO法人 長生地域まちづくりステーション
 茂原中央ロータリークラブ
 茂原市音楽協会

■後援
 茂原市教育委員会
 JA長生
 茂原商工会議所女性会
 NPO法人 さすが一の宮
 千葉日報社

■企画・制作
 安田音楽事務所/フウパブリッシャーズ/オフィス名畑

■お問合せ・・・当ブログへコメントでお知らせください。
 (表示はいたしません。メールアドレスをお書き添えください。)

※当日、計画停電がある場合は開演時刻に変更が生じる可能性がありますので、当ブログでご確認ください。
※計画停電により止む無く公演中止となった場合はチケット金額を返金いたします。(お支払期限:2011年9月30日)

posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 22:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

第2回茂原公園「桜の山の春の市」の2日め報告です。

前日、4月9日(土)は天候に恵まれませんでした。せっかくこのイベントのために用意していただいたものが売れ残っては申し訳ありませんので、急遽、2日めを実施することになりました。

前日の様子は、こちらをご覧ください。

さて、本日4月10日(日) は今年の桜シーズン中、最高のお天気で、それこそお客様も最高の人出となりました。

さくら10-01お客歩いて.jpg

さくら10-2桜満開.jpg

今年は春先寒かったせいか、昨日・今日が満開のピーク。県議選の投票日でもありましたがこれ以上ないというほどの花見日和で、隣の広場で営業しているプロの露天商の方々が、これまでの少なかった収入が一日で挽回できたと後日おっしゃっていました。

さくら10-3お客いっぱい.jpg

さくら10-4子供いっぱい.jpg

昨日の天気が今日と同じだったならば、と、しみじみ思いましたが致し方ありません。
でも今日は、「桜の山の春の市」出店の皆さんも、多くが完売となりました。

いずれは何組かの出店者がシャッターの降りた中心商店街の空き店舗に入っていただけることを願っているのですが・・・。

さくら10-6ライブ.jpg

昨日とは打って変わっておおぜいの花見客。

さくら10-5花見客.jpg

さくら10-7風車に馬.jpg

国際交流活動団体の「あんさんぶる茂原」さん。

さくら10-8あんさんぶる.jpg

さくら10-9アクセサリー.jpg

さくら10-10たわしや.jpg

さくら10-11アクセ.jpg

さくら10-12小物.jpg

さくら10-13きりん.jpg

さくら10-14バッジ.jpg

さくら10-15ちゃわん.jpg

さくら10-16茶席.jpg

風力発電の説明を熱心に聞いてくださっています。

さくら10-17風車説明.jpg

さくら10-18色風車.jpg

さくら10-19ねぎ1.jpg

この日のために本納ネギを使った餃子を開発して販売。大変好評で完売しました。
美味しかったですよ。

さくら10-20ねぎ餃子.jpg

さくら10-21ねぎ説明.jpg

千葉市から出店。ご当地グルメに育てていきたいとのこと。
来年は茂原の皆様にもっともっと頑張って出店していただきたいと思います。

さくら10-22縄文1.jpg

さくら10-23縄文2.jpg

本当は「いのししカレー」を販売していただきたかったのですが、「竹りん」さん。来年はよろしくお願いします。

さくら10-24ちくりん.jpg

「青い魚」さん。

さくら10-25青い.jpg

「シンパ・カフェ」さん。

さくら10-26シンパカフェ.jpg

「キュイッソン」さん。

さくら10-27キュイッソン.jpg

「長生きぐるめ」さん。

さくら10-28長生きぐるめ.jpg


さくら10-29ソフト1.jpg

さくら10-30ソフト2.jpg

さくら10-31満開.jpg

子供会連合会の皆さんによる募金活動です。

さくら10-32子供会募金.jpg

さくら10-33あんさんぶる.jpg

さくら10-34バッグ注文.jpg

焼き芋屋さんは私共の出店者ではありませんでしたが、いいサツマイモを使っていました。

さくら10-35焼き芋.jpg

さくら10-36ライブお疲れ様.jpg

私共NPOも募金活動を、昨日、今日と2日間させていただきました。
都合、18,673円を茂原市社会福祉協議会を通じて被災地へ寄付いたしました。ご協力くださいました皆様に感謝申し上げます。

被災地支援募金領収書 NPO.jpg

posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 00:13| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

第2回茂原公園「桜の山の春の市」を開催。JA長生ながいき野菜絆フェアーも同時開催されました。

平成23年4月9日(土)

昨年に続き、第2回めの「桜の山の春の市」を桜の名所、茂原公園で開催しました。

チラシ 第2回「桜の山の春の市」.jpg

この日は昼前から生憎のお天気、それも相当の悪天候という天気予報で、決行するか中止にするか、非常に悩みました。

しかし、前日の金曜日にJA長生さんが長生管内の全戸に新聞折り込みで「ながいき野菜“絆”フェアー」のチラシを配布したこともあり、なんとしてでも開催して差し上げたいという思いを強く持っていました。

JA長生-桜の山の絆フェアー.JPG

原発事故による風評被害を追い払い、長生地域の野菜は安全で元気、長生地域の農業者を応援したいという強いメッセージが込められたチラシに大変感動いたしました。

朝7時、JA長生の担当者にやれる時間までなんとかやりましょうと決行の電話を入れました。

さくら9-01.jpg

さすがにチラシ、全戸配布の威力は絶大で、悪天候などものともしません。
開店の10時前から大勢のお客様がいらっしゃって、どんどん野菜が売れていきます。

さくら9-03.jpg

さくら9-02.jpg

募金にもご協力いただきました。

さくら9-10ja募金.jpg

そして、あっという間に売り切れてしまいました。

さくら9-11ja売り切れ.jpg

そのほかの出店者の皆さんも、お客様とのコミュニケーションを楽しんでいます。

さくら9-04陶器.jpg

さくら9-05.jpg

さくら9-06.jpg

さくら9-07.jpg

さくら9-08.jpg

さくら9-09.jpg

さくら9-12みす.jpg

公園の真ん中を堂々と縦断する一群もあって。そう、翌10日は県議会議員の投票日でした。

さくら9-13つるおか.jpg

原発事故の折から風力発電の地元起業家の皆さんにも出店していただきました。

さくら9-14.jpg

さくら9-24.jpg

『桜の山の春ライブ』も同時開催。

さくら9-15.jpg

さくら9-16.jpg

さくら9-17.jpg

さくら9-18.jpg

さくら9-20.jpg

長生病院の「長生きバンド」。そしてチャーミングな専属歌手です。

さくら9-19.jpg

さくら9-21.jpg

さくら9-22.jpg

さくら9-23.jpg

さくら9-13お茶.jpg

さくら9-25.jpg

さくら9-26.jpg

聞き惚れているのか、見惚れているのか。

さくら9-27.jpg

カウント・ベーシーの曲に合わせて踊りだすお嬢さんもいましたよ。

さくら9-28.jpg

この日は悪天候のためお客様が少なかったことから、出店者の皆様に、当初予定になかった明日も参加なさりたいかお聞きしたところ、参加したいとのお答えがたくさん返ってきました。
それで市役所のお許しを得て、翌4月10日(日)も「桜の山の春の市」を開催することにしました。

posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 16:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

農林水産省大臣官房政策課の山口靖上席企画官と、JA長生・ながらグリーンツーリズム・長南町東部営農組合・睦沢町「むつざわウルトラ会議」の皆さんとの意見交換会

第1回長生地域まちづくりフォーラムを開催した翌日の1月23日(日)、農林水産省の山口上席企画官を標記の4カ所に御案内し、忌憚のない意見交換会を開催しました。

午前9時。
始めに訪問したのはJA長生。
長生管内の現況説明から課題、またTPPなど農政の動きに対する不安や要望など、多岐にわたって意見交換がなされました。

IMG 9036企画官視察.JPG

IMG_9030企画官視察.JPG

IMG_9033企画官視察.JPG


次に長柄町役場のロビーにお集まりいただいた「ながらグリーンツーリズム」の皆様と懇談。
長柄ふるさと村を訪れる年間30万人のお客様と、道の駅に立ち寄る10万人を、どのようにしてグリーンツーリズムのお客様として引き寄せてくることができるかについて意見交換をしました。
また里山保全についても熱を帯びた意見交換がなされました。

代表の神崎さんです。

IMG_9039企画官視察.JPG

IMG_9042企画官視察.JPG

自然薯の栽培方法を携帯電話の写真で説明しています。

IMG_9048企画官視察.JPG


午後は、長南町に所を移し、長南町東部営農組合、同西部営農組合、関原営農組合の役員の皆様と意見交換をさせていただきました。
多用途米や、集落営農の新しい展開に伴う課題、また農産物の付加価値化について意見交換がなされました。

副町長の御挨拶。

IMG_9052企画官視察.JPG

IMG_9055企画官視察.JPG

IMG_9054企画官視察.JPG

後日、地元の方から、もう少し聞きたいことがあったとおっしゃって来られましたので、山口企画官に直接お尋ねになっても大丈夫だすよとお話しいたしました。


最後に午後3時半を過ぎて睦沢町役場に到着。
町の若い職員と商工会のメンバー等で構成される睦沢町活性化のための「むつざわウルトラ会議」に参加させていただきました。

IMG_9057企画官視察.JPG

IMG_9060企画官視察.JPG

IMG_9062企画官視察.JPG

IMG_9064企画官視察.JPG

成田新高速鉄道常勤監査役で、睦沢町在住の生田さんも、この日は特別に参加。
私どもは午後5時をもってお暇する予定でしたが、若い熱気もあって15分を超過して閉会となりました。

この日のことが2月6日(日)の千葉日報に掲載されました。こちらのできる!23日 千葉日報.pdfから御覧になれます。


1日同行してくださった千葉日報の田村記者に、深く感謝申し上げます。
posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 13:33| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『できないをできる! に変える人づくり』をテーマにフォーラムを開催しました。

平成23年1月22日(土)、茂原市役所市民室を会場に、「“できない” を “できる!” に変える人づくり」をテーマに、第1回長生地域まちづくりフォーラムを開催しました。

当初、講師にお願いしていました農林水産省大臣官房政策課企画官の木村俊昭氏が、1月16日(日)に北海道知事選に立候補表明をされることになり、急遽、机を並べてお仕事をなさっていた同政策課、山口 靖上席企画官にお越しいただいて無事、フォーラムを開催することができました。


当日の司会は、当NPOの理事で、元NHKアナウンサーの宮田 修氏にお願いしました。
山口上席企画官から、極めて豪華で驚いたとお褒めにあずかりました。

1-できる! 司会.jpg


まちづくりステーション、大柿理事長挨拶。

2-できる!  大柿理事長あいさつ.jpg


山口上席企画官には、木村企画官にお願いしてありましたものと同じ演題で御講演をいただきました。

3-できる! 山口上席企画官.jpg

木村企画官がいらっしゃれないことを、参加申し込みをいただいた皆様に事前に通知しましたが、当日は大勢の皆様にお出でいただきました。感謝申し上げます。

4−できる! 会場.jpg

5−できる! パワポ.jpg


講演メモは、こちらのフォーラム11.01.22-1.pdfを御覧ください。


基調講演の後にトークセッションを行いました。

6-できる! トーク.JPG

ゲスト・スピーカーは林 和雄白子町長、大谷覚子茂原商工会議所常議員、山内みどり同会議所女性会会長、宮田修元NHKアナウンサーの4氏をお迎えし、また山口上席企画官にはコメンテーターをお引き受けいただきました。

7-できる!  トーク.jpg

8-できる! トーク.jpg

9−できる! トーク.JPG


トークセッションの発言メモは、こちらのフォーラム11.01.22-2.pdfを御覧ください。


翌日掲載の「千葉日報」掲載記事は、こちらの
できる!22日 千葉日報.pdf」を御覧ください。



木村俊昭氏のブログは
こちらから。

新宿区役所で開催された、地域活性化勉強会における木村俊昭氏の御挨拶です。⇒
(動画:ユーチューブ)
posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 11:49| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

第2回 茂原公園「桜の山の春の市」出店者大募集!

昨年、茂原桜まつり会期中に催させていただきました「桜の山の春の市」ですが、初めての試みであったにも関わらずお天気にも恵まれて、まずは成功の裡に終了することができました。

11.楽窯会-1.JPG

1.二胡 藤村陽子.JPG

14.kirin.JPG

ビッグバンド-1.JPG

08.めぐみや-2.JPG

多くの皆様にお世話になりましたこと、今でも感謝しております。

さて、今年も皆様に喜んでいただこうと、第2回めの「桜の山の春の市」を企画させていただきました。
是非、出店参加の御検討をくださって、積極的に御参加いただきたいと願っております。


第2回 茂原公園『桜の山の春の市』 出店協力者大募集!

開催日時:平成23年4月9日(土) 10:00〜16:00

場   所:茂原公園

出店内容:飲食調理物、農林水産物・同加工品、小物・手工芸品、ワークショップなど。
ひらめきB級グルメ・ご当地グルメ・ご当地スイーツ・観光みやげの試作出品、大歓迎。

募集数:先着50組

申込期限:3月26日(土)

主催:NPO法人 長生地域まちづくりステーション

問合せ先:080-4113-9494(大柿 ※18時以降に)

ペンこちらは昨年の様子です。

かわいいこちらはH23「桜の山の春の市」出店募集要項.pdfです。どうぞ御覧ください。
posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 01:13| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

農林水産省企画官の木村俊昭氏は、北海道知事選に立候補されることになり、「長生地域まちづくりフォーラム」の講師が木村氏から農林水産省の山口 靖上席企画官に変更になりました。

1月13日(木)、農林水産省大臣官房政策課企画官の木村俊昭氏から、今年4月に行われる北海道知事選に出馬することを決意し、ついては22日(土)開催の長生地域まちづくりフォーラムについて、講師のキャンセルを請うメールが届きました。

今回のフォーラムは、木村氏だからこその企画であったわけです。
すでに参加のお申込みをくださった皆様は、木村氏のお話を是非とも聞いてみたいと思われての申し込みであったことと理解しております。

キャンセル後の対応について、他県からも問い合わせがありました。
私どもでは、これまで多くの皆様に当フォーラムについての協力のお願いにあがり、温かな御支援をいただいてまいりました。
また、多くの皆様から参加の申し込みをいただいております。
ありがたいと感謝しております。

あと、わずか1週間あまりしかありませんので、中止しては返って混乱と御迷惑がかかると判断し、木村氏に代わる講師の派遣をお願いいたしました。
基調講演後のトークセッションも、今回のフォーラムの目玉であり、エキサイティングな時間にしたいと思っております。

農林水産省大臣官房からは14日(金)、上席企画官 山口 靖氏の御紹介がありました。
つきましては、山口氏を基調講演者にお願いをし、予定どおり「長生地域まちづくりフォーラム」を開催いたしますので、奮って御参加を賜りますようにお待ち申し上げます。

なお、フォーラムのタイトルは、 “ 「できない」を「できる!」に変える人づくり ” のままで行きたいと、山口上席企画官はおっしゃってくださいましたので、大いに御期待いただけるものと思っております。

まだ若干、お席が空いておりますので、是非参加のお申込みをください。お待ちしております。


ペン 農林水産省大臣官房上席企画官
     山口 靖(やまぐち やすし)氏

山口 靖 上席企画官.jpg

平成4年      農林水産省入省
平成19年4月  農林水産省大臣官房文書課 課長補佐
平成19年8月  農林水産省大臣秘書官(事務取扱)
平成20年8月〜 現職

農政に関する企画を担当。
特に経済連携の推進に関連した農政改革や地域活性化を推進するため、6次産業化、食文化、医食農連携等のプロジェクトに政府一体で取り組む 『 “食”に関する将来ビジョン 』 の策定に関わっている。


第1回 長生地域まちづくりフォーラム

日時:平成22年1月22日(土) 17時30分〜20時
会場:茂原市役所市民室
参加費:1,000円(高校生以下無料)
申込み:事前申込制(定員100名)
     ぴかぴか(新しい)こちらからお申し込みください。(メッセージ欄には所属名も御記入ください。)
後援:茂原市 一宮町 睦沢町 長生村 白子町 長柄町 長南町


受付    17時00分〜17時30分
開会挨拶 17時30分〜17時35分
基調講演 17時35分〜18時55分
 
「できない」を「できる!」に変える人づくり 
講師:農林水産省大臣官房 上席企画官 山口 靖 氏


休憩    18時55分〜19時00分


トークセッション 19時00分〜19時55分

 ゲストスピーカー
 ● 林  和雄 氏(白子町町長)
林 和雄町長.JPG

 ● 大谷覚子 氏(茂原商工会議所 常議員)
大谷覚子さん(小版).JPG

 ● 山内みどり氏(茂原商工会議所 女性会会長)
山内みどりさん(小版).JPG

 ● 宮田  修 氏(宮司、元NHKアナウンサー)
宮田 修.jpg

コメンテーター
 ● 山口  靖 氏(農林水産省大臣官房上席企画官)
山口 靖 上席企画官.jpg

コーディネーター
 ● 大柿恵司   (NPO法人長生地域まちづくりステーション 理事長)
大柿恵司-2.JPG

閉会挨拶 19時55分〜20時00分




ペン 1月23日(日) 現地視察・意見交換会 を関係者により行います。

 ● 長生農協
 ● ながらグリーンツーリズム
 ● 長南町東部営農組合
 ● 睦沢町
posted by NPO長生地域まちづくりステーション at 07:49| 千葉 | Comment(0) | 主催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。